ブログ
ホーム>ブログ>秘密の寝取りA

^2018/06/13 08:52
○秘密の寝取りA
家事と育児に疲れてた女性が求めるものは分かっていました。先ずは安定した安らぎです。そして気持ち丹ゆとりがでたら、淡い恋心です。

彼女は良き母にならねばとの思いが強く、その反面、妻として旦那の我がままなな愛に少しずつ距離を取りるようになっていた。

仕方のない構造だけど、この形はやがて夫婦の溝は深くなります。

私はいくつかの会社を経営しており、翔子さんにはそこにパートとして働いてもらっているシチュエーションでした。

とわ、言っても週に二日、しかも労働時間か3時間といあり得ない条件なので架空に作り出した仕事でした。パート代は裏で旦那さんに払ってもらっていました。

翔子さんにとっては子供を保育園丹に預けちょっとした息抜き仕事になり、その合間に私と話しがてきるこの架空の仕事は今までの生活にない刺激を与えたようでした。

仕事を始めた当初は仕事の内容について旦那さんに話していたようてすが2ヶ月くらいたった頃には私はラインで翔子さんとやりとりをして、お互いに軽く好意がある事を確認するようになっていました。

仙道さん(私の偽名)は昔好きだった人によく似ています。

翔子さんからこんな内容のメールが来たのは出会ってから2ヶ月半くらいの頃てやした。

つづく

コメント



メニュー○